2015年08月04日

緊張は良薬。過度の緊張は毒薬

あがり症克服に成功してから、緊張はしなくなったかというとします

でも、私が力を発揮するための緊張なので、良薬です

まあ大した緊張ではありませんし、この緊張感がたまらない! という緊張の量なので全く問題無いです

あってありがたいぐらい☀




かつての私の緊張は、毒薬でしかありませんでした

緊張しすぎて頭がパニックになってましたから

力を発揮するどころか、私の全存在を否定するかのような毒物でした

この毒物が私を心身ともに蝕んでいったんですね💦

緊張は誰にでも存在します

その緊張を使いこなせるようになるか、毒として一生精神の中に渦巻かせて生きるかです

緊張を起こすのは心です

もっといえば脳です

脳の誤作動を正して、健全なプラスの方向に発揮できる脳になりましょう

そんな技術がこの世の中にありますから🆔
posted by piyopiyo at 01:15| Comment(0) | あがり症や緊張症の体験記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。