2012年01月31日

あがり症の弊害 あがり症は人生すべてをダメにしちゃう・・・・

久々に更新になってしまいました・・・・・ふらふら

いまの心境、仕事、あがり症についてですが、万事順調です

あがり症の時代、様々な弊害にわたしは苦しめられて、涙の毎日・・・・

そのすべてから解放されたので、とても気持ちが楽ですし、未来への不安感もありません

本当に強くなったなぁなんて実感しますねわーい(嬉しい顔)

いまこうして悩まないで生きていられる日常に感謝です



人間って病気になった時にだけ、普通の生活、意識しない健康な毎日のありがたさがわかるといいます

その幸せを実感するためにも、またブログであがり症の苦しさ、こんな心境だったな〜なんて書いていこうと思います



あがり症の弊害

  1. まず自分への自信の喪失!

    自信があった別の部分でも、あがり症一個のせいで自信をなくしていってしまいます
    あがり症を中心にすべて自分を判断してしまい、自分の存在への否定へとつながりました

  2. 次に毎日、未来に起こるであろう苦境(あがり、緊張、失敗、恥)への予期不安との泥沼の戦い
    まさに泥沼です。美味しい食事もまずくなります
    朝の出勤も憂鬱です
    会社が怖くなります
    人の目も意識して動きづらくなります・・・・

  3. 悔しさ、口惜しさ、無念さ、いらだち、不安、緊張、くよくよ、ぐだぐだ、行き場のなさ、焦り・・・・こういったマイナスの感情のみ襲いかかる
    逃げ場はありませんでした
    ひたすらやられるのみです

  4. 会社などあがる場面以外でも憂鬱な人生になる
    あがり症じゃなかった時、あるいはそんなに負担にならなかった時(逃げ場があるとき)は、緊張する場面以外ではとても楽しかったり、笑ったり、感動したり、いい思いも味わって来ました
    でも、会議・発表・人前・厳粛感、こういった場面でのあがり症を経験してから、その明るい感情も消え失せて行きました
    いわゆる抑うつ状態というものです
    それをこじらせ、うつ病になっている人も多いと思います

  5. 未来への希望の喪失
    やりたい事もできなくなり、希望も持てなくなります
    不安だらけの毎日
    負けん気があるときは苛立ちや悔しさも襲ってきます
    ボロボロの時はひたすら涙と落ち込み日々
    私の人生ってこんなはずじゃ・・・・・なんでなの!? 
    すべてを呪い殺したくなりました

  6. 主体的行動力の欠如
    積極性とも言い換えられますね
    これは人から評価を受ける大きな要素ですが、ある場面が苦手なだけで、主体性が他の部分でもなくなってしまいます
    私は仕事にある意味自信を持っていたこともあります
    だけど、会議・発表というあがり症が発する場面があるばっかりに、このせいで全て台無しになるという恐れによって、どんどん守りの姿勢に入って行きました
    そして、仕事がそれなりに出来る、という自分の自負と、脳力を発揮できない、また弱点のためにセーブしてしまうギャップに悔しくてたまりませんでした
    これさえなければ! これは呪いのように私の内面をのたうちまわりました

  7. 人間関係構築への億劫さ
    人間関係がある人とうまく作ることができても、あがり症がバレてしまうような場面に遭遇する可能性がある人に対して、引け目を感じてしまいました
    どうせ緊張しすぎてどうすることもできない恥をかくだけの私を見下すんだろうな、笑うんだろうな、と思うと、最初から人間関係を作っても無駄なことだと思えて、とても億劫になりました
    これが悪化すると社会不安障害(SAD)へと繋がって行きました。



一応思い浮かべるだけ書いてみました

これをずーっと繰り返して苦しんできました

まだまだ考えれば出てくると思います



こういう苦しい状況はいまはありませんわーい(嬉しい顔)黒ハート

歯車は一度狂うと取り戻すことは大変です

でも、一度でもうまくいく経験をしたら、回復させることも不可能ではありません

そのためには考え方、捉え方を変えたほうが良かったです



知らず知らずあがり症を強化する考えしか人はできなくなります


スランプの時は何をやっても裏目に出ます

まず何しても無駄です(笑)&(泣)たらーっ(汗)



考え方については私の通った岩波先生のあがり症克服プログラムのサイトにたくさん書いてあります


これでどこが悪かったのかわかると思いますのでURLを掲載しておきます
岩波先生の言葉講演集



私も気がついたことを書いていきたいです、これからも

あがり症は考えるだけでは何もいい対策を生み出せません

理性はこの場合毒にしかなりません

このことを念頭に入れて読んでみてください

人間に必要な要素って何か教えてくれると思います



あとはトラウマの処理も重要でしたね

反射神経にまで高まっているトラウマ・ルーツを沈めてあげなくてはいけません

それについても書かれてあると思います

あがり症という一つの弱点によって、他の全ても犠牲にする人生はもう嫌です



切り抜けましょう、切り抜けられます!!!!!!

一度だけの人生だから、あがり症というたった一つの弱点に振り回されるのはもうたくさんです

皆さんの人生はあがり症に振り回されるためにあるわけじゃないはず

今まで何をしてバッドサイクルに余計入り込んでしまった人も、根本から解決していけば、まだまだ未来はあります!
posted by piyopiyo at 19:32| Comment(2) | あがり症や緊張症の体験記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
私は社会不安障害で、少し家に引きこもり気味です。人前だと手が震えたり首が震えたり身体症状があって何もする勇気が出ません。。やりたい事も沢山あるのに何も出来ないでいます。
このブログを読んでいると本当に私も良くなって引きこもりを脱出してやりたい事なりたい自分になれるかもって思います!こんな私でも治りますか?
Posted by なー at 2012年04月27日 02:01
私もあがり症で、
今克服しようと取り組んでいます。
自分にあった方法で
焦らずにやれば改善できそうです。
皆さん、無理せずやっていきましょう!
Posted by kan at 2012年06月09日 21:58
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。