2010年06月25日

あがり症の人、人前で緊張する人! この考え方になれば必ず克服できる

あがり症の人、どうしても人前で緊張してしまう人は、みんな共通していることがあると思います

それは、うまくやろうとしてしまうこと、人からの評価をすごく気にすることですがく〜(落胆した顔)

うまくやらなくちゃ(汗) ここで恥をかいたらダメだ・・・ こんな気持が強いんだと思いますたらーっ(汗)

わたしもそんな気持が強かったからこそ、あがり症でずっとコンプレックスを感じて生きてきました



でも、人からの評価に、それもちっちゃいことで人に振り回されるために生まれてきたのかと考えると、あまりにもったいないことだと気づかされました

わたしは人からちっぽけな評価を受けるためだけに生きているんじゃない!ちっ(怒った顔)

メラメラと怒りに似た感情がわき上がってきました

もちろんあがり症克服プログラムの施術を受けている時にです

トランス状態が深まると、感情が大きく揺れ動いて、悪い感情や抑圧されてきた感情が浄化されていきます



その時に、よくよくわたしの人生を直視していると、わたしはなんてくだらないことに悩んでいたんだとハッとしました

その当時のわたしの心境は「あがり症=人生をかけた最大の悩み事」でしたが、その時以降「あがり症の悩み=くだらないちっぽけなこと」という認識に切り替わっていったと思う

わたしの中であがり症への認識が小さくなったってことですね



岩波先生がいうには、あがり症でも対人的な緊張でも、パニック障害の悩みでも、すべて、自分自身の中で核弾頭にしてしまっているとのこと

実は核弾頭を抱えているんじゃなくて、ちっぽけな爆竹に過ぎないのだと気づくことが大事だと悟りました

それがどんな人でも気づかさせてくれる状態になるのが、岩波先生の施術のすごいところです

気づけることは、実は大変なことです

わたしは知識ではあがり症がどんな思考で起きているのかは、色々な本や情報でわかっていました

わかりきっていたと言ってもいいかもしれない・・・・

だけど、気づけていませんでした、本心から



わたしの抱えているあがりの問題に執着しすぎるからこそ、緊張して失敗してしまうかもしれないという予期不安に常に襲われていましたが、わたしの人生はこんなことをやっている場合じゃないとの気づきが、問題への執着を外してくれました

あがり症という問題を大きくしているのは他ならぬ自分自身でした

きっと皆さんもそうだと思います

でも本人の中では、とんでもない重大事なわけですよね

そりゃあがり症があるばっかりに、出世できなかったり、人から評価を得られなかったり、会議の円滑な進行を妨げてしまったり、場の空気を凍らせてしまったり、どこか消極的に何事もやってしまうこと、自信がなくなっていくことは、人生をかけた最大の懸案事項だと思います

かといって、治そうと執着して、逆にあがり症にずっととらわれ続けちゃって、さらに緊張を増してしまう不幸な結末になってしまいます



失敗しないようにだけ生きる人生って、どこかむなしくないですか?ふらふら

やっぱり生まれてきた以上、弱点を超えたところで勝負したいと思っていますパンチ

常にあがり症に振り回される人生よりは、あがり症があってもなくても、やるべきことだけはやるんだという気持がとっても重要だと教わり、そして本心から気づけました

そうなると、気持も前向きになり、いちいち自分のアガリ・緊張をチェックする暇なんて無くなるし、頭も真っ白になったりしません

わたしは「これだけのことをこれからやるのだから、少々緊張しても、あがってうまく話せなくても、伝えるべき所は伝えるんだ」その攻めの姿勢があがり症を克服させる精神力につながったのは事実です



あがり症は人生をかけた難問なのも確かですが、果たしてあがり症に振り回されるためだけに生まれてきたかというと違いますよね

ハンデがあっても、前に進むんだ!という気持が、あがり症を打破する原動力!! だと思います

そのためにはたくさんのことをしなくちゃいけませんでした(呼吸法やルーツ整理、認知の歪みの修整、暗示、覚悟を持っての行動など)



でも、本質的なところは、考え方exclamation×2、そして気づきだと思います

考え方一つで、あがり症にやられるか、乗り越えられるか、はっきりと別れると思いますわーい(嬉しい顔)


考え方と言っても、知識でわかっていても意味がありません

それは本当はわかっていないのと同じでした


この記事へのコメント
私も極度のあがり症と闘ってます。
力強いお言葉ありがとうございます
人前で話す時、頭が真っ白になって何を話しているかわからなくなります。
言葉も詰まってしまって、終わったあといつも泣いています。
でも、克服できる症状だと信じて頑張っていきたいです。
めげずにやっていきたい!
Posted by シャングリラ at 2010年08月31日 17:40
こんにちは。
あがり症のお話、とても興味深く読ませていただきました。
また訪問させてください。
ありがとうございます。
Posted by takigami at 2010年09月19日 18:25
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。