2009年12月27日

あがり症だったわたしが変わった方法

わたし自身あがり症で、いつもあがる場面が予想される時は、「どうしよう、どうしよう」とばっかり怯えてました😞

その日が来たらどうしよう、あがってしどろもどろになったら? 恥をかいたら生きていけない、会社に行けない! うまくやらなくちゃ! でも失敗したらやばい・・・・・馬鹿にされたらどうしよう どうにしかしてきりぬけよう、でもダメだったらどうしよう

この繰り返しを延々とやってました

これじゃあ、毎日が不安だし、楽しくないよね・・・・😵

自分自身の葛藤で終わればいいけれど、あがり症で人前の発言発表で大失敗したら、という不安の方も強かった

みんなわたしのことを変な目で見るだろうし、働きづらくなる

わたしの最大の弱点を笑われ、さげすまれるんじゃないかしら……

あがり症って、結局、わたしと他者の関わりでこそ苦しいわけですよね

人がいなかったら、これほど救われる症状はないでしょうし

ただ頭が真っ白になった時は、そんなことすら吹っ飛んでしまってますが

無意識ではどうなっているかわからないけれど、あがりの反射神経回路に組み込まれたら、どんなに自分に言い聞かせてもパニクります

自分への劣等感、うまくいかない状況へのいらだち、自分のコントロールがどうしても出来ない無力感、今後の将来への大きな不安、夢の制限、あがり症以外への悩みの波及、他の人は普通にやっているのにどうしてできないの?という落ち込み、これがあるばかりにすべてを台無しにしている悔しさ!!!!

結論! みんなあがる状況が悪いんだ!!

でも、アガリを避け続けても、いつか直面しなくちゃいけない時が来る

ひきこもり生活できれば、一番幸せかもしれないけど、それじゃ生き甲斐をなくすかもしれないし

ほんと、生きるって大変です!🐱



でも、ある時期から、大変な状態に陥っていることそのものを覚悟して受け入れてしまおうと思えました

あがるルーツの執着解消とプラス暗示が深く入って、覚悟と自覚ができたとき、「あがり症でも、わたしは生きてやる!」と強く思えました

「あがっても、緊張しても、頭が真っ白になってもいいし、手汗がすごくたってかまわない」

「どうなってもいいから、私が発言するとき、とにかく伝えよう、みんなにわかってもらおう!」

「聞いている人にとにかくわからせるのだ!」

そんな気持になれました💕

この革命的な発想の転換は、わたし自身びっくりです

こういう思考になれるんだ、わたしって

ふとそういう考えができている自分に気づいた時はすごく嬉しかった!!!

逆にいっちゃうと、「あがったらどうしよう」としか考えられない昔のわたしは、あがってパニックになって当然なんだと気づけた

それもこれも何故できたかというと、わたしの恩人にあたる岩波先生からのアドバイスで、気持のベクトルを「他者に見られている自分」から「他者に向かって自分を打ち出す」に切り替えることができたからです

前にも
このブログで書いたと思います

とにかく、私の発言内容を伝えてやるんだ!

その気持でプレゼンや会議にのぞみました

内容ももちろんわたしなりに自信を持って作り上げました

そして、プレゼンや発表の前、暗示のCD💿をipodで聞き込み、トランス呼吸法で気持を整え、緊張を和らげるため、顔に笑顔を作りました

最初緊張は当然のようにしましたが、「伝える」気持をマックスにしたので、感情を込めて発言できました

暗示の力って偉大ですね

ただしプラス暗示が脳に定着させるには、あがるルーツを無意識から解消させるほうが先だと思います

プレゼンの内容についてもわたしなりにかなり取り組んだので、自信を持っていました

あとは伝えるだけ!💋

そう、私のベクトルを内部ではなく、あんまり考えず、外に向かって、自分自身の恥もろともさらけ出してやる!とゆう気持でしたね

そこで、お金を出しては獲得が絶対できない教訓を得ることができました🎵

自分を守って恥をかかないようにとかうまくやろうとする気持が、あがり症をマックスに高めてしまうだけとゆうこと

人に伝えるんだ! 外に自分をさらけ出してもいいという覚悟を持てば「人からどう思われるだろうか、失敗しないようにしよう」という思考が入り込む余裕があんまりないこと

最初はちょっとだけでしたが、人に伝えることの快感というものを確かに得られました♨

もしかしたら、あがり症で悩み脱出できない人は、気持のベクトルがあまりにも自分自身を守ることばっかりに行っていませんか?

守りの姿勢、うまく何とかしのごうという姿勢では必ず失敗してきたのがわたしでした💔

思考を逆転させて、引いてダメなら、前に進むしかないんです!🚗

岩波先生から教えてもらい、またわたしなりに自覚して、あがってしまう場面にのぞみました

最初はもうヘトヘトにエネルギーを使い果たしてしまったけど、回数を重ねる毎に慣れてきました

あがり症でやるごとに失敗を重ねるばかりだったわたしにも、場慣れができるなんて!

もう感動でした! すごい自信になりました!

絶対お金を出して得られない自信と経験でした!❤

もちろんきっかけは、お金を出してあがり症克服プログラムを受けたからですが、感動と自信だけはわたしが私自身の覚悟と勇気を持って得られたかけがえのないものです

世界がみるみる光を満ちて感じられる安堵感と高揚感は、ちょっとブログでは表現できない!

ああ、そうなんだ! あがり症でも何でも改善できた人って、みんなこういう気持を味わっていたんだ!

自分史の中でエポックメイキングな出来事でした💠

わたしでもできる! ってことはみんなもできるんですよ!😃

ほんとにわたしは頭が真っ白になって、手足が震えて、汗もすごくて、言葉を出そうにも出せなくなるぐらい重かったんだから
この記事へのコメント
更新ありがとうございます!とても励まされます!!「恥をかいてもいい、自分を外にさらけ出して、とにかく伝えるんだ!」という姿勢、私も覚悟を持って身につけていきたいです。頑張るぞ!
Posted by carramel at 2009年12月28日 10:53
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。